収入が高い男性がモテる理由

49d3ad6ff1e942c89aca657004a59552_s

収入が高い男性がモテル理由としてはまず将来への安定性の確立です。
お金というのは人間として生きていく中ではきってもきれないものです。
同じ条件であれば、高収入という長所が魅力的なのは至極当然のこと。
そしてそれだけではなく高収入であるということは仕事ができるということにもつながります。
仕事ができそしてその対価として高い報酬を得ることができている人間という人からの高い評価をもっているということです。
信頼性がないと高い収入にはなかなかなりません。
そしてそこには努力ももちろん必要です。
努力家な男性はとても魅力的ですよね。
そして努力がむくわれている高収入の男性というのはやはり自信に満ち溢れています。
自分に自信があることは心の余裕もでてきます。
お金にも余裕があり、さらに心にも余裕があうということはとても頼りがいのある男性に見えます。
女性というのは守ってもらいたい生き物です。
平均的に男性よりも女性のほうが収入は少ないです。
同じ頑張りをしても高い収入を得やすいのは男性ですので
女性のほうが、収入の高い男性を魅力的に思う傾向があるのは当然です。
女性が病気になったり困ったりしたときにまずお金の心配をしなくてもいいということは大きいです。
高収入である男性の魅力は自信と余裕そして安心です。

高収入男性の魅力について書いていたら、金持ちと出会いたいと強く思ってきてしまいました( ´∀` )今日はお金持ちのイケメン男性と恋に落ちる夢でも見れないかな~。と妄想中。。。

 

素敵なデニムのスカンツ

今日、大型スーパーに行ったときのこと。ふと服屋が並んでる専門店のほうを見ると、素敵なデニムのスカンツが目に付きました。今までスカンツは自分に似合わなそうだから、絶対買わないだろうな~と、思っていたのですが、そのお店にあったスカンツは自分好みのとても素敵なものでした。マネキンが着ていたのですが、マネキンが着ていたトップスも私が持っているものと似ていたので、ますますこのスカンツが合いそうで欲しくなりました。ちょうどその日はセールの日で安くなっているようで、心が揺らぎました。
だけども、先月にスカートを買ったばかりです。スカンツはそんなに高いものではないので、できれば欲しいけれども、無駄遣いをしているようで今日は購入までにいたりませんでした。そうは言っても売り切れてしまったらとても後悔するんだろうなぁ。と自分でわかっています。毎週行く、このスーパー。しばらくはここに来るたびに心の中で葛藤しそうです。

ハンバーグ作り

5e067b6fd7d1c40075161b98f25cf21b_s

幼稚園の年長さんになった娘と一緒にハンバーグ作りをしました。娘は、2才のころから料理に興味をしめし、卵をわったりかきまぜたりと簡単なことから始めたのですが、今では包丁を使って野菜を切ったりまでできるようになりました。そんな娘はハンバーグをもう何度も一緒に作っているので、手馴れたものです。
私の作り方は、ミンチ肉に、みじん切りしたたまねぎ、すりおろしたにんじん。そこに塩コショウと、シナモン、そして、マヨネーズを入れるのです。「マヨネーズはこんだけの量でいい?」娘はマヨネーズの量も把握しているので、見守るだけの私は楽なものです。
こねこねと、楽しそうに作る娘ですが、途中で一度必ず粘土のようになにか作ります。ハートの形にしてみたり、まんまるにしてみたり、おそらくこの作業が楽しみなんじゃないかな、と思いました。
焼くのは私の仕事です。熱くなったフライパンにジュワーといい音がします。もう音だけでおいしそうです。出来上がると娘が一番に「早く食べたぁい!」とテーブルにお皿のセッティングをいそいそとしていました。娘ががんばって作ったハンバーグ、とってもおいしかったです。また一緒に作ろうと約束しました。

新潟B級グルメ、鶏半身揚げを作ってみる

テレビで紹介されていた新潟のB級グルメ、鶏半身揚げ。文字通り丸鶏の半身をカレー風味に味付けをし、揚げたものです。私は昔、実際に食べたことがあります。鶏の半身はさすがに手に入り辛いし大きくて調理もし辛い。ということで、手羽元で作ってみることにしました。クックパッドで検索すると一件ヒット。それを参考に、カレー風味の唐揚げを作ってみました。
作り方は至って簡単で、ビニール袋に鶏肉と酒と塩とカレー粉を分量通りに入れて揉み込み、数時間寝かせて小麦粉で揚げるだけです。
骨付きなので、低温でじっくり揚げたら、中がジューシーに仕上がりおいしかったです。でも、数年前に新潟で食べたお店の味にはなってなかったような…。
味を追求することは好きなので、次回は自分なりに色々試して、お店の味に近づけたらいいなと思います。

40代、忙しい中でも出会いを作るちょっとした心がけ

アラフォー世代の人は、人生のうちで一番仕事中心になる時期です。20代の頃は、仕事と恋愛のバランスが半々くらいでどちらもアクティブに行動できていたと思います。30代になると、付き合っている恋人との結婚を意識したり、フリーだったらとりあえず恋人を作りたいと願ったり・・。一方、仕事の面ではある程度責任のある仕事を任せられることが多くなり、結婚というものに真剣に向き合いたい自分がいるのに仕事が忙しい…など、焦り始めてくる時期です。アラフォー世代の独身者は、若い世代の人にはない魅力がたくさんあります。仕事をしながら自分で身の回りの事をこなしてきているので、一通りの家事は出来ます。仕事での苦難を乗り越えてきた精神的な強さがあります。自分にはアピールできるポイントがないと思ってしまいがちですが、これまで生きてきて身に付いた知識や知恵、アイディアが豊富なので、まずは自分に自信を持った方がいいですね。年齢にふさわしいアイテムをさりげなく身に着けたり、服装などの身だしなみやや普段の行動もオンオフでしっかり切り替えるようにしましょう。勤務先で交際に発展しそうな相手がいない場合は、婚活パーティーなどに積極的に参加するべきです。最近では、地域ぐるみで飲みコンや街コンなど様々なイベントが多く開催され、出会いの場も増えています。出会いの場に行くという事は、少なからずみんなパートナーを探すことに前向きです。いきなりお見合いするのは気が引けると思う方は、まずはイベントを探してみるといいでしょう。これから先の人生をずっと共に過ごしていく人を探すことが目的なので、容姿がタイプだからとか明らかにお金持ちそうだから…いう理由で一人の人にアタックするのではなく、タイプではないという人とも積極的に話してみることです。話してみて結婚相手とは違うかなと感じても、友人としてなら付き合っていけると思える人に出会えるかもしれません。その友人を介して、またいろいろな人と知り合えます。そうやってたくさんの人と関わっていくことで、さらに出会いのチャンスは増えていきます。